なごみ通信 BLOG

2012年8月31日 金曜日

交通事故治療は守山区小幡「なごみ針灸整骨院」まで!!

交通事故治療は守山区小幡「なごみ針灸整骨院」まで!!

こんにちは、長谷川です。

今回は交通事故に遭ってしまい、医療機関を受診する際

必ず窓口で伝えていただく4つの事項を書きます。

1 交通事故のケガであるということ



2 業務中の事故かどうかということ


3 相手が任意保険に入っているかどうか

  支払は自分なのか保険会社なのか



4 健康保険を使うかどうか


  この4つを必ず伝えてください!

投稿者 なごみ針灸整骨院 | 記事URL

2012年8月30日 木曜日

交通事故治療は守山区小幡「なごみ針灸整骨院」まで!!


こんにちはhappy01菊竹です。

今日は「むち打ち治療協会」の紹介です。

むち打ち治療協会では、むち打ち損傷の70~80%を占めると

いわれている頸椎捻挫に対し、専門に治療を行っている

柔道整復師(接骨院、整骨院の先生)を紹介しています。そもそも、頸椎捻挫とは

首の関節の軟部組織(靭帯や筋肉などレントゲンに写らない組織)の損傷のことで、

柔道整復師(接骨院、整骨院の先生)は、急性外傷であり捻挫の専門家なのです。

そして、病院でも専門の診療科があるように、交通事故のむち打ちの治療も

専門の特別な治療技術が必要になります。

交通事故に遭ってしまった時は、症状がないからとそのままにせずに、

必ず受診をしてむち打ち治療の専門家に診てもらって下さいね。



投稿者 なごみ針灸整骨院 | 記事URL

2012年8月28日 火曜日

交通事故によるむち打ち症の治療は「なごみ針灸整骨院」へお任せ下さい。

こんにちは!!
スタッフの田村ですhappy01

今日は法律で定められている加害者の義務について書い
ていきますね。

停車して被害状況を確認する。  二重事故が起こらない
                      よう危険のない安全な
                      場所に停車する。

負傷者を救護する。         傷の確認、救急車を
                      を呼ぶか病院へ連れ
                      て行くまた応急処置を
                      する。

危険防止の措置をとる。      後続車へ事故発生を
                      しらせ誘導する等危険
                      防止措置をとる。

1~3の措置を極力短期間ですませ、最寄りの警察署、
交番、駐在所に事故を通報する。

    報告の内容...事故が発生した日時および場所
             死傷者の数および負傷の程度
             損壊した物および損壊の程度
             その事故について講じた措置


以上4点に気を付けて参考になさって下さいね。

投稿者 なごみ針灸整骨院 | 記事URL

2012年8月27日 月曜日

交通事故による鞭打ち症治療は「なごみ針灸整骨院」へ。

交通事故による鞭打ち症治療は「なごむ針灸整骨院」へ。


こんにちは、長谷川です。

前回の続きを書いていきますね。

・自分の保険会社に事故の連絡をすること。

 自分が乗っていた自動車が加入している

 保険会社に必ず連絡しましょう。

 搭乗者傷害保険を掛けている場合には、

 保険金を請求することができます。

 損害保険会社は基本的に申請が

 あったものに対してお金を払います

 ので、連絡を怠ると保険金を受け取る

 ことができなくなることもあります。

 また、生命保険会社にも連絡を

 いれましょう。

 交通事故の場合、相手側の損害保険会社だけに

 支払ってもらうイメ-ジが強いですが、

 自分側の損害保険会社からも保険金の

 支払いをうけることができるのです。

 
 守山区の「なごみ針灸整骨院」

 で交通事故でのむち打ち治療行って

 おります。

 ぜひご来院下さい。

投稿者 なごみ針灸整骨院 | 記事URL

2012年8月24日 金曜日

鞭打ち治療は名古屋市守山区なごみ針灸整骨院へ。

鞭打ち治療は名古屋市守山区なごみ針灸整骨院へ。

こんにちは、長谷川です。

では、前回からの続きを書いていきます。

・ 事故の状況を必ず記録しておくこと。

交通事故に遭ってしまった直後はパニック

に陥ってしまって、冷静な判断ができなくなり

がちです。

記憶違いをしてしまったり、覚えているつもり

でも時間が経つにつれて記憶が曖昧になって

しまいがちです。

そうした事を防ぐために、事故現場の痕跡、

ブレ-キ痕、破損した車の部品などを

必ず写真に撮っておいてください。

後日、争いになった時に重要な証拠となります。

そして、事故の目撃者がいた場合は

必ず氏名、電話番号を聞いておきましょう。

第3者の目撃証言は、示談の話し合いに

の際にとても重要となってくることも

あるのです。
 


投稿者 なごみ針灸整骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30