スポーツ外来

足関節捻挫

足関節捻挫のイメージ

捻挫とは捻り挫く(ねじりくじく)という意味で、足関節の捻挫は日常よく経験する外傷です。
足関節捻挫は、階段や段差などでくじいた場合に起こります(内返し…底屈位での内転、回外強制)。
もっとも多いタイプは足関節を強く内返し(内反)したために外くるぶし(外果)付近の靱帯の損傷を生じるタイプ(足関節外側靱帯損傷)です。

外果の周囲には3本の主な靱帯がありますが、内反捻挫でもっとも多いのはつま先立ちのような姿勢で着地した時に受傷するため外くるぶしから斜め下方にはしる前距腓靱帯の損傷です。
程度がひどくなると踵腓靭帯、後距腓靭帯などが損傷します。
一般的に「捻挫ぐらいシップを貼っておいたら治るわ。」と軽く考えがちですが、そんな簡単なものではありません。捻挫とは関節が本来の持っている可動域(動かせる範囲)を越えて曲げられたり、伸ばされたりする事です。このとき、関節の骨と骨をつないでいる靭帯というスジが伸びたり、ひどい時には部分的に切れたりする事も有り、また靭帯が付着している骨の部分が引きちぎられるという裂離骨折を起こす場合もあります。

治療には安静・冷却の他に、固定が最も大事なことです。包帯で固定する、またはテーピングで固定する、もっと強い固定を必要とするときはギプス固定をするといったような処置もあります。この固定をはじめとした早期の処置が捻挫に伴う内出血等を最小限にし、早期の痛みの除去・損傷した靭帯回復・後遺症を残さないことに繋がります。足関節の捻挫は治療をおろそかにすると、足首に不安定性が残り捻挫を繰り返すようになります。そして、最後には骨にまで変化が及び、変形性足関節症となり、歩く度に痛く、足関節があまり動かなくなると言われています。たかが捻挫と言わず、正確な診断、治療が重要です。
また、足関節のみならず足をかばう動作等のため全身のバランスがわるくなる為膝・腰等の痛み・競技のパフォーマンスの低下と言った弊害も起こる可能性があります。

なごみ針灸整骨院では、テーピング療法・微弱電流治療器・鍼灸療法・バランス矯正等を用いて患者様(スポーツ選手)の早期競技復帰のお手伝いをしています。
また、疼痛除去後の機能回復リハビリも積極的に指導しています。

膝蓋靭帯炎

膝蓋靭帯炎のイメージ

膝のお皿のすぐ下の部分(右図の膝蓋靭帯を参照)がジャンプや急激なストップ、長距離走などの膝の屈伸を過度に繰り返す動作により膝蓋靭帯部に疼痛・圧痛・腫脹・熱感などを発生させるスポーツ障害を言います。
ひどくなると日常生活(階段昇降時など)の中でも痛みが発生します。

原因として考えられることは…

膝蓋靭帯は骨盤から始まる大腿四頭筋がお皿(膝蓋骨)の上を通り、膝蓋靭帯となり脛骨に付着します。
この大腿四頭筋の筋肉の緊張が強い。また、お皿の位置が通常よりも高い場合は膝蓋靭帯にかかる負荷が増加し痛みが発生しやすくなります。
他にも運動時に膝がブレや立脚動作の悪さ、股関節の動きが悪い(固い)、膝を曲げる筋群(ハムストリングス)と膝を伸ばす筋肉(大腿四頭筋)との筋力差や柔軟性の差などが原因となることもあります。

治療方針として…

第一は膝の痛みの原因と考えられる運動の休止ですが、実は休んでいただけでは多くの場合痛みは再発します。
なぜなら、「原因として・・・」でもありましたが痛みの原因となる苦手な動作や個々人の癖や骨格特性によりその競技の動きに適さない状態である場合があります(もちろん、補強運動などで修正できます)。
このような場合、スポーツ活動を休止して一時的に痛みが消失してもまた痛むという繰り返しとなったしまいます。
スポーツ障害全般に言えることですが疼痛を粗悪させる動作の改善が競技復帰の第一のカギとなります。

なごみ針灸整骨院では…

以下のような施術方法で患者様一人一人に最適な改善プランを提案実行いたします。

鍼灸療法

患部に鍼灸をすることで循環を促進し炎症を抑え痛みをとります。
また、周りの筋肉の緊張、張りを緩和させることにより患部の負担を減らします。

微弱電流(アキュスコープ)

プロスポーツ選手などの治療にも使われる治療器具で、細胞の炎症を沈め細胞の回復速度を早めます。

テーピング

患部の負担をやわらげるために最適な筋肉サポート・関節サポートをいたします。

フォームのチェック

原因となる動作を見つけ、矯正手技、ストレッチポールなどでバランスを整え動作の改善を行います。

セルフケア指導
練習前後の股関節周囲(大腿四頭筋、ハムストリングス、内転筋群、殿筋群)のストレッチ、ハムストリングスの筋力強化などのセルフケアの指導を行います。

上記のように、なごみ針灸整骨院はトータルサポートで患者様の健康生活のお手伝いを行います。

腸脛靭帯炎

膝から股関節の外側には腸脛靭帯という長い靭帯があり、この靭帯の摩擦で炎症を起こすものが腸脛靱帯炎です。ランニングによって起こる疾患の1つで、長距離ランナーに多発する事より「ランナー膝」とも呼ばれています。

原因
腸脛靭帯炎のイメージ
症状

運動すると膝の大腿外側上顆部という部分に痛みが出てきます。
休むと楽になりますが、運動を再開すると痛みが出てきます。ひどくなると歩くのも痛く、特に階段の降りるときに痛みが増します。痛み部分の摩擦を軽減するために、膝を伸ばしたままで歩行します。

治療

なごみ針灸整骨院では、患部の炎症を抑えながら、回復を早める微弱電気や腸脛靭帯、大腿筋膜張筋、大殿筋などの筋緊張の緩和、患部の血行促進を図る・鍼灸治療・マッサージ・ストレッチ・テーピング、体幹部の安定・強化、可動域を広げることを目的とした・バランスボード、ストレッチポール・矯正など患者様の症状に合わせた治療をしていきます。

セルフケア

ご自身で行う場合、まずは安静が一番です。運動を続ける事で炎症はひどくなります。運動を続けながらケアして行きたい場合は、運動前は患部を十分に温める、運動後は患部へのアイシング、ストレッチ・ご自身で軽くマッサージなどが効果的です。

なごみ針灸整骨院では、痛みをとる治療からセルフケアに至るまで患者様を全面的にバックアップいたします。

野球肘

投球動作によって起こる肘の障害を総称して野球肘と言います。小児では骨や軟骨、靭帯、筋肉などが未発達なため、体と連動した一連のスムーズな投球動作が困難です。
従って投球ホームは手投げの状態となり、肘に負担がかかり易くなります。更に間違った練習方法や指導、練習のやり過ぎが加わると色々な肘の障害が発生します。投球動作はワインドアップ期、コッキング期、加速期、リリース期、フォロースルー期より構成されています。

野球肘のイメージ
ワインドアップ期

構えた状態から投球動作に入り振り上げた膝が最高位に達した時点まで~
この時期では痛みを訴えることはほとんどありませんが、この相は投球動作の準備段階にあたり、ここでフォームに乱れがあるとこれ以降の投球動作の乱れにつながるため重要です。

コッキング期

投球方向への移動が開始され、踏み込んだ足が完全に接地した状態まで。
投球側の腕は、この時期最高位(トップポジション)になります。

加速期

トップポジションからボールを離す瞬間のボールリリースまで
この時期は体幹‐肩甲骨‐上腕‐前腕‐手指と運動伝達の最も活発な相にあたります。

※コッキング期・加速期には肘の内側に伸ばされる力が働き肘の内側の靭帯(内側側副靭帯)や上腕骨内側上顆炎、肘の内側を走る神経が伸ばされる肘部管症候群などが起こります。同時に肘の外側には圧迫力や回旋力が繰り返し加わるため、橈骨頭と上腕骨小頭が衝突し、上腕骨小頭の軟骨に血行障害が起こり、離断性骨軟骨炎や関節ネズミを発生させます。

リリース期~フォロースルー期

ボールリリースから動作終了まで
この時期、腕の後の筋肉(上腕三頭筋)は伸びていた状態から急に収縮するため、上腕三頭筋の付着部の肘の後や肩の後ろが痛くなったりします。また、上腕骨と尺骨がぶつかり軟骨障害や骨棘形成などが起こります。

予防として・・・
投球前の体全体のウォーミングアップと十分なストレッチを行い、投球フォームのチェック、練習が過剰にならないように注意し、痛みを生じた場合いはすぐに申告できるような環境を作る事が大切です。また、練習後のアイシングなどの環境整備も重要です。また、小学生では少なくとも野球だけでなく他のスポーツも行いバランスよく身体を鍛える。

なごみ針灸整骨院では
  1. スポーツ障害の鑑別(手術が必要な重篤な場合は専門医を紹介いたします)
  2. 針灸・最新微弱電流治療器等による痛みの除去
  3. スポーツ経験豊富な施術者によるホームチェック及び修正
  4. 体幹部、四肢のストレッチ指導(ストレッチポール等を使用)

テニス(ゴルフ)肘

テニス(ゴルフ)肘のイメージ

肘関節外側部(手の関節・手指の伸節群・回外筋の付着部)が、筋肉の使い過ぎによって繰り返し引っ張られ、筋肉付着部の微小な断裂や変性骨膜の炎症がおこり運動痛が生じるようになったものです。(図は原因筋肉の一つ短橈側手根伸筋)

症状
  • タオルを絞る動作等で痛みを訴えることが多い
  • 肘外側の自発痛や前腕の倦怠感を訴えること
  • 肘関節外側(外側上顆)には圧痛がある
治療方法
  1. 手肘・手指の伸筋の弛緩を目的としてテニス肘バンドで伸筋の筋腹を抑えることで手を使った時の痛みを軽減させる事が可能
  2. 患部のアイシング、ストレッチ、テーピングなど
  3. 針灸療法
  4. 物理療法(電気、温熱、超音波、微弱電流)針灸療法痛みが軽減したら、筋力増強などで再発を防ぐ。痛みの原因となる悪いフォームの改善、練習頻度の改善指導。
なごみ針灸整骨院では

世界最高峰治療器・アキュスコープ(微弱電流治療器)やハリ・キュウ治療(スポーツ選手大絶賛)を使用し痛みの早期除去をいたします。また、スポーツ障害施術経験豊富な施術者が患者様一人一人に合った最適な施術メニュー・リハビリメニューを製作実行いたします。

野球肩

野球肩の原因

肩関節の可動範囲の低下

筋肉の柔軟性の低下は大きな肩痛の原因となります。筋肉の疲労がたまると硬くなり柔軟性が低下します。筋肉が骨に付着する部分が投球時に何度も引っ張られ、柔軟性がない筋肉では炎症を起こしやすくなります。柔軟性があり柔らかい筋肉ですと付着部分の引っ張れる力(張力)を和らげることとができます。

悪いフォームでの投球及び筋力の不足

正しいフォームの習得と体力作りが肝心です。
投球動作はワインドアップ期、コッキング期、加速期、リリース期、フォロースルー期より構成されています。

野球肩のイメージ

※このフォームの中でどこかにストレスがかかる動作があると肩の色々な部分を痛めます。その代表的な診断名として、インピンジメント症候群、上腕二頭筋長頭腱炎、肩峰下滑液包炎、ベネット病変、リトルリーグ肩、などがあります。

インピンジメント症候群

インピンジメントとは『衝突』という意味です。何と何が衝突しているかというと、肩の関節の構造が、腕の骨(上腕骨)と肩甲骨(肩峰部分)との間を棘上筋の腱が狭い関節のあいだを通る構造のため、その棘上筋腱と骨が衝突し炎症をおこします。炎症を起こすと、腕をあげる途中で痛くなったり、ひっかかりを感じたりします。

上腕二頭筋長頭腱炎

力こぶを作ったときにふくらむのが上腕二頭筋です。この筋肉は肘から始まって腕の途中で二手に分かれます。
短いものを短頭、長いほうが長頭といい、それぞれ骨に付着する部分が違います。この長頭が腱になって細い溝の部分を通過して肩に付着する部分で炎症が起こっている状態を指します。
この腱は肩の前方部分を通るため、肩の前方部分(結節間溝)に痛みが発生するのがおおきな特徴です。

肩峰下滑液包炎

肩(肩峰の下)にある滑液包とういう組織に炎症が起こっている状態を指します。
滑液包とは筋肉の腱が骨の上を通る部分に存在し、なめらかに通りが良くなるようにクッションの役割を果たします。そのクッションの中に入っている液体を滑液といい、袋状のものにためられているので滑液包と呼びます。これは肩関節だけでなく体のあらゆる関節部分にあります。肩峰下滑液包は肩の骨の下にあり、腱板の上に存在しているので、腱板と骨との間で繰り返し摩擦がおこり、その結果、肩峰下滑液包に炎症を引き起こします。

ベネット病変

肩甲骨の後方外側の部分に痛みを生じます。ここは上腕三頭筋の腱が肩甲骨に付着する部分であり、この上腕三頭筋の腱が付着する肩甲骨の後方外側部分が引っ張られて、この部分に骨棘といわれる骨のとげを形成したり、付着部に炎症をおこす病変です。肩関節後方に痛みを訴えるのが特徴です。

リトルリーグ肩

リトルリーグ肩、上腕骨近位骨端線離開といいます。少年期に発生する特有の骨端線障害のことで、ある種の疲労骨折に似たものです。こどもの骨はまだ成長段階です。成長期のからだは完全に骨が出来上がってなく、骨の端の部分が軟骨成分でできています。この部分は骨より弱く、過多な投球・スローイングにより軟骨の部分(骨端線)が引き伸ばされてしまいます。最初は違和感や少し痛む程度で、急には発症せず徐々に進行します。この疾患は早期に発見すれば必ず良くなるので注意してみる必要があります。
※選手それぞれフォームは違っていて当然で、これが正解ですというフォームは存在しません。その中でも投球動作(ピッチングフォーム)に関して共通してこれだけは守らないと医学的に障害がおこりやすいという基本的な項目・ポイントがあります。
※なごみ針灸整骨院では中日ドラゴンズの選手も使っている微弱電気による肩の治療。問題となるフォームの改善やリハビリ、けがをしにくい体づくりなど様々なメニューでお待ちしております。

シンスプリント

シンスプリントのイメージ

運動時および運動後に下腿中下1/3部の脛骨内側後縁に痛みを訴えるスポーツ障害です。
ランニングやジャンプなどの運動によって起こることが多く、慢性的な疼痛と圧痛が主な症状として現れます。

病態

後脛骨筋・長母趾屈筋・長趾屈筋・ヒラメ筋の脛骨起始部に繰返し加えられたストレスによる骨膜の炎症反応です。また非常によく似た症状を呈する障害として脛骨の疲労骨折があります。
ランニングやジャンプによる衝撃の吸収や、力の伝達と重心移動を行うときに足部を安定させるために機能する後脛骨筋・長母趾屈筋・長趾屈筋・ヒラメ筋は、着地の際に牽引され荷重ストレスを受けます。
特に足部アーチの支持に関与する後脛骨筋や足関節底屈筋であるヒラメ筋は、荷重時に筋の伸張性収縮を余儀なくされ、結果的に筋の起始部に炎症を引き起こすようなストレスを繰り返すことになります。

原因
  1. ランニングやジャンプの繰り返しによるオーバーユース(使い過ぎ)
  2. 急激な運動量の増加(新入部員などに多い)
  3. 下肢の形態異常(O脚、回内足、扁平足など)
  4. 下腿部の筋肉の柔軟性の低下、筋力不足、筋肉の疲労
  5. 運動する環境(硬い地面、靴底の薄く硬いクッション性の少ないシューズ)
症状

脛骨内側後縁の慢性的な疼痛、圧痛、腫脹。初期は運動開始時にのみスネの内側にうずく様な痛みが現れ、運動中は痛みは消失。少し悪くなると、運動中もうずく痛みが持続するようになる。また、患部に腫脹や凹凸を触れることもある。
足趾や足関節を底屈(屈曲)、背屈(伸展)させることにより誘発される痛み、そのまま無理を続けていると疲労骨折を起こす場合がある。
特にクラブ活動などで「痛みを理由に練習を休ませてもらえない」という状況などで最悪の結果を招くため、指導者の方は注意すべきである。

セルフケア

適切な治療と共に重要なこととして、正しいセルフケアがあります。
注目すべき点に着地時の衝撃緩和能力に関連する筋群(とくに足関節底・背屈筋、大腿四頭筋)があげられますが、これらの筋の機能が低下したり足関節の可動制限があると、着地衝撃の緩和に支障をきたし痛みの原因となることが知られています。運動前の十分なウォーミングアップ、運動前後・入浴後のストレッチなどにより柔軟性を確保しましょう。
運動直後にはアイスマッサージやクールダウンとして水泳も効果的です。水中でのバタ足により下腿三頭筋の緊張が取れやすくなります。痛みの改善程度にあわせ、チューブやカーフレイズ(踵上げ)、タオルギャザーなどによる筋力アップを行い、再発防止に努めることも必要です。

突き指

突き指のイメージ

突き指とは、野球、バレーボール、バスケットボールなどの球技でボールを受けそこなった時指先に強い衝撃が加わったときや転倒して指を突いた時に発生する、指の腱や靭帯や骨が損傷したときの総称をいいます。
(右の図は骨折を合併しているもの)

症状

突き指の症状は、主に患部の圧痛(押さえると痛む)・内出血・腫れ・痛み(指の曲げ伸ばしで痛む)などの症状、更にひどい場合は骨折や脱臼の症状が表れる場合もあります。

治療

突き指は他の外傷と比べ頻繁に起こるため甘く見られがちです。
しかし、甘く見て不適切な治療をしてしまうと指の機能が完全に回復しないまま症状固定してしまうことがあるので注意が必要と言えます。
なごみ針灸整骨院ではRICE処置、電気療法、炎症をひかせながら組織の回復を促す微弱電気、テーピングなどを行いながら早期の回復を目指します。

治療

突き指を起こした場合速やかに患部の冷却と固定を行います。
冷やす事によって出血量を最小限に留め炎症が広がるのを防ぎます。
これにより痛みや腫れなどといった症状を緩和する事に効果が期待出来ます。
湿布を貼る方法もありますが、あまり冷却効果は望めないのでまずは急速に冷やすために氷や冷水によるアイシングが最も効果的です。
充分に冷やした後に消炎、鎮痛の目的で湿布を貼ると良いでしょう。
更に手を心臓の位置よりも上げておくことで炎症を抑えられます。
俗に「突き指をしたら引っ張ってやればよい」と言われていますが、逆に指の骨の脱臼や腱の炎症を引き起こす原因となってしまうので厳禁です。

スポーツ外傷の治療に力を入れています。

スポーツ外傷の治療に力を入れています。のイメージ

トップアスリートはもちろん、部活動に熱心な学生さんからママさんバレーやバドミントン等に親しむ主婦の方、ジョギングが趣味のお父さんまで。頑張るあなたをスポーツ専門治療でバックアップします!

当院では、来院して頂いた目的をお尋ねします。

なごみ針灸整骨院では、患者様の状況や今後の予定・希望をお聞きし、ベストな施術をアプローチします。

その場しのぎの施術では意味がありません!

例えばどうしても出場したい試合、予定がある場合でも、ケガの状況などを考慮した結果、期日までに完治が難しい場合も勿論ございます。
なごみグループでは、将来性も踏まえ、きちんとした施術を行なった結果、最短でどのくらいの時間が掛かるかというご説明をさせて頂きます。

一番適した施術方法を探ります!

スポーツにも多くの種類があるように、ケガの内容も多種多様。当院では問診結果により、整骨による治療や微弱電流(アキュスコープ)による治療やスポーツマッサージ、または、お灸・針による治療またはなど、患者様の症状にあわせて最も身体に良い施術方法をご提案致します。

一番適した施術方法を探ります!のイメージ
一番適した施術方法を探ります!のイメージ

完治して終了ではありません

患者様の身体からケガの原因を探し、ケガをしないような身体作り、フォームの提案などをさせて頂いております。特には、ビデオにてフォーム改善をすることもあります。
歩き方のクセ・生活習慣・普段の姿勢や重心など、ケガを引き起こす要因となり得るものを確認!
プロを目指す方、競技生活を送る方、日常的にスポーツを楽しんでいる方々、皆さん一緒に頑張りましょう!!